読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あした思い出すよう

あさってもその次も

StyleNoteを用いて文章から段落や改行のhtmlを含んだものへ変換する

編集(見たまま)で改行(Enter)や改行(Shift+Enter)を行って編集をしていると、どのあたりがどうパラグラフや改行なのかがわかりにくい。

 

HTML編集

↑編集中と↓HTML編集の状態

HTML編集

 

テキストファイルの文章から段落や改行のhtmlを含んだものへ変換する方法として「StyleNoteを用いて変換」するというやり方がありました。

(StyleNoteはリンクウェア)

 

以下、改行のある『あああ』文章を用いた例。

(<br>の無い文章の状態から<br>ありにしたい)

 

テキストファイルからhtml編集用に変換する

・通常の改行ありの文章に<br>を追加する

 f:id:dokosuke:20170322002822p:plain

この文章の1~10行まで選択。

f:id:dokosuke:20170322002833p:plain

『右クリック→変換→選択範囲の各行末に<BR>を追加』

f:id:dokosuke:20170322002840p:plain

この文章の場合だと下の画像のようになります。

f:id:dokosuke:20170322002849p:plain

 

・通常の文章に<P>を追加する

f:id:dokosuke:20170322002856p:plain

改行のときと同じく追加したい部分を選択。

右クリック→HTML→レイアウト→段落<P>を追加。

f:id:dokosuke:20170322002905p:plain

上記文章のような場合だとこのようになります。

f:id:dokosuke:20170322002919p:plain

 

StyleNoteはリンクウェア

StyleNoteのサイトのダウンロードの部分にはリンクウェアについての記載があります。
そのツールを使用したWEBサイトはトップページにリンクを貼ってください、とのことですのでサイドの方に貼り付けました。
リンクの免除が可能な使い方の詳細についてはStyleNoteの「リンク設置が免除されるサイト」にわかりやすく書いてあります。


f:id:dokosuke:20170326113544p:plain

「リンクを挿入する」より作成したリンク設置用のhtml

StyleNote内表示で折り返すときは、『編集→右端で折り返し』で設定可。

【おわり】

改行のタグ(パラグラフのたぐもしかり)を追加するソフトを探して今に至ります。
StyleNoteでなくてもこのような改行タグを追加するソフト(やり方)はありますが、オフラインでかつ軽く動くソフトを用いたやり方ですので気に入っています。
(オンラインで改行タグを追加するサイトもあるにはあるようですが…)

 

はてなの「編集 見たまま」のモードを使わなければそもそも改行時にパラグラフが追加されるようなことにはならないのですが、画像を挿入し大きさを調節したりちょっとした見出しの追加が便利なのでhtmlへ改行の情報を貼り付けて編集する今回のようなやりかたを見つけることができて良かったです。
このやり方なら文章はメモ帳.txtのようなテキストツール以外にも各種Webサービスへテキストとして書いておいたメモからStyleNoteで編集しブログ編集の方へ貼り付けるといった編集方法も可能かと。

 

当面はテキストデータを編集して貼り付けて「見たまま」で修正する今回のようなStyleNoteを用いたやり方をやってみようと思います。